SEO対策準備!WordPressにGoogle Search Consoleを導入する設定手順

SEO

こんにちは。Enjoy IT Life管理人の仁科(@nishina555)です。

  • どんなワードでブログって検索されてるのかな
  • どういった検索ワードだと上位に表示されるのかな
  • 狙った検索ワードででちゃんと上位表示されてるのかな

↑こんなことを思ったことはありませんか?

サイトやブログへの流入経路はほとんどがオーガニックサーチ(検索)なので、SEO対策はサイトのアクセス数を増やすために重要な作業です。

今回はSEO対策をするうえで必須のサイト解析ツール『Google Search Console(サーチコンソール)』をWordPressに導入する手順について紹介します。

WordPressでサイトやブログを運営している方の参考になればと思います。

Google Search Consoleとは

Google Search ConsoleはGoogleが提供している無料サイト解析ツールです。以前はウェブマスターツールと呼ばれていました。

Google Search Consoleを導入することで『検索ワード』『ページのクリック数』『検索ワード別のサイト掲載順位』といった、検索に関する情報を確認することができます。

Google Search Consoleを導入しなくてもサイトを運営できますが、検索に関する情報を分析することで適切なSEO対策が実施できるため、Google Search Consoleの活用をオススメします。

Google Seach ConsoleをWordPressに導入する手順

Google Seach Consoleはサイト情報をGoogle Seach Consoleに登録することで利用ができるようになります。

WordPressを利用したサイトにGoogle Search Consoleを導入するまでの手順は以下のようになります。

Google Search ConsoleをWordPressに導入する手順
  1. Google Seach Consoleにサイト情報を登録する
  2. サイトの認証を行う

以下では各手順について解説をしていきます。

1. Google Seach Consoleにサイト情報を登録する

Google Search Consoleにアクセスし、サイトURLを貼り付けた後『プロパティを追加』を押します。

Google Search Consoleを利用するにはgmailアカウントが必要になるため、gmailアカウントがない方は事前に作成をしておきましょう。

search-console-top

2. サイトの認証を行う

Google Seach ConsoleにサイトのURLを設定しただけでは仮登録の状態のため、サービスが使えません。

登録を完了させるにはサイトの認証を行う必要があります。

search-console-pre-register

サイトの認証手段はいくつかありますが、今回は『HTMLタグ』を利用した方法について2種類紹介します。

Google Search Consoleに登録したサイトを認証する方法
  • WordPressのヘッダーにHTMLタグを埋め込む方法
  • 専用プラグインにHTMLタグの情報を登録する方法

なお、『HTMLタグ』はGoogle Search Consoleにある『別の方法』タブを選択すると表示されます。

HTMLタグによる認証方法

WordPressのヘッダーにHTMLタグを埋め込む方法

WordPressの管理画面の『外観』→ 『テーマの編集』→ 『header.php』を選択します。
header.phpにあるheadタグ内(<head>から</head>の間)に先ほどコピーしたHTMLタグを貼り付けます。

サーチコンソールのmetaタグをheadタグ内に貼り付ける

ただし子テーマを使用している場合、テーマファイルの一覧にheader.phpが見つからないことがあります。
子テーマでheader.phpを編集するためには親テーマのheader.phpをコピーする必要があります。

親テーマのテーマファイルを子テーマにコピーする手順は『【WordPress】テーマファイルにheader.phpがない!を解決するファイルコピー手順』で紹介していますので参考にしていただければと思います。

【WordPress】テーマファイルにheader.phpがない!を解決するファイルコピー手順

2019年11月10日

専用プラグインにHTMLタグの情報を登録する方法

WordPressにはGoogle Search Consoleの設定をするためのプラグインが用意されています。
今回は『Yoast SEO』を利用した方法について紹介をします。

WordPressにログイン後、まずは『プラグイン』→『新規追加』を選択します。↓

ダッシュボードのプラグイン画面

『Yoast SEO』で検索をし、プラグインのインストールを行います。↓

Yoast SEOのインストール

次に、Google Search ConsoleのHTMLタグのcontent=”xxxxxx”という部分のxxxxxxをコピーします。↓

html-tag-content

プラグインのインストールと有効化が完了すると、『SEO』というメニューがWordPressのダッシュボードに新しく追加されます。

『SEO』の『ダッシュボード』を選択し、『ウェブマスターツール』タブをクリックします。そこに先ほどコピーしたcontentの部分の文字列を登録します。

paste-content-tag

サイトの認証が完了し、Google Search Consoleに登録できていることを確認する

Google Search Consoleに戻り、「確認」ボタンを押します。認証がうまくいけば以下のような画面になります。

auth-complete

これでサイトをGoogle Search Consoleに登録することができました。
以下のような画面がGoogle Search Consoleで確認できればOKです。

サーチコンソールのトップページ

まとめ

以上でWordPressのサイトにGoogle Search Consoleを導入する手順の紹介を終わります。

この記事がいいなと思いましたらツイッター(@nishina555)のフォローもよろしくお願いします!